« 舌小帯と発達障害 | トップページ | 舌癒着症で検索されている方へ、舌癒着症という病名は存在しません! »

上唇小帯切除(すきっ歯のみ)

上唇小帯で検索されている方へ。

本当の上唇小帯切除の時期は、上顎前歯の永久歯が生えてきて、上唇小帯が入り込んでスキッ歯になってしまった時です。

それ以外は切っても無意味です。

そして上唇をずっと閉じていればスキッ歯は自然に治ります。

舌癒着症の手術とセットで行われる上唇小帯切除は名ばかりで、舌癒着症の手術名は「口腔前庭拡大術」といい、上唇の裏側を6cm切開して口輪筋、鼻中隔下制筋をレーザーで焼き切り、鼻の穴を大きくすることを目的とするものです。

鼻の穴を大きくして呼吸がしやすくするそうですが、実際はそうはなりません。

本当はこういう手術はする必要がなく、舌癒着症の先生も手術承諾書に鼻の穴が大きくなるとは書いてなそうです。

それは鼻が変形すると書いてあればやる人がいないからです。

上唇小帯切除も目的を知らない歯医者がやると上唇小帯だけ切っていますが、実は口蓋に入り込んだ上唇小帯を撤去しなければなりません。

だからこれもレーザーではダメです。

« 舌小帯と発達障害 | トップページ | 舌癒着症で検索されている方へ、舌癒着症という病名は存在しません! »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ