« 長崎から舌小帯のお問い合わせをいただきました | トップページ | 滑舌は舌小帯を切っただけでは治りません! »

タン・スプリントで舌の圧痕消える

舌の圧痕がひどい患者さんがいたので、タン・スプリントを作製し2週間装着してもらいました。

すると、舌の圧痕は全く無くなっていました。

まだ舌の違和感はあるようですが、快方に向かっています。

舌の圧痕は舌を下あごの歯に押し続けるために起こります。

慢性刺激がずっと続けば“ガン”になる可能性が高いです。

みなさんも偶にはご自分の舌を観察してみてください。

« 長崎から舌小帯のお問い合わせをいただきました | トップページ | 滑舌は舌小帯を切っただけでは治りません! »

健康」カテゴリの記事

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ