« 舌小帯が短くて動かないだけで、癒着ではありません | トップページ | 海外では舌小帯切除は生後5か月ぐらいらしい »

赤ちゃんの舌小帯切除行っています

6月、7月と赤ちゃんの舌小帯切除のキャンセルが相次いだので止めることにしたのですが、困っていらっしゃる赤ちゃんがいるので、8月から再開しています。

家族が舌小帯切除に反対しているとか、抗生剤は使わないでとか、遠いので近くの歯医者でレーザーで切ってもらうなどの理由でした。

おじいちゃんおばあちゃんが反対しているなら、障害が出た時はみなさんで責任もって対処されてください。

抗生剤は、赤ちゃんには免疫がないため感染する可能性が高いです。

もし感染して、後遺症が出た場合の責任は負えません。

というか自分の子供をなぜ危険に晒すのでしょう?

レーザーは何度も言いますが、余計舌小帯が太く、固くなると言い続けているのに安易にやってしまうのはどうかと思います。

傷口は瘤状になり、余計話し辛くなります。

それを承知でやられたのなら、最後まで責任を負ってください。

一昨日、先月舌小帯切除された赤ちゃんが消毒に来られ、お母さんが「先生、もう赤ちゃんはやらないんですか?お腹にいる赤ちゃんはどうしたらいいの?」と心配そうに言って来られました。

「心配ないですよ。再開していますから。」と説明しました。

よくご自身が住まわれている近くで、舌小帯切除をしているところを紹介してくださいと言われますが、申し訳ありませんが、医療法人社団 井出歯科医院しかやっていませんと答えます。

みなさん舌小帯は何処でもやっていると勘違いしています。

どこもやっていません。

医療法人社団 井出歯科医院だけです。

だからこういう質問は止めていただきたい。

« 舌小帯が短くて動かないだけで、癒着ではありません | トップページ | 海外では舌小帯切除は生後5か月ぐらいらしい »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ