« 舌癒着症の手術を受けると呼吸が楽になるというのはおかしい話 | トップページ | 呼吸流量測定 »

舌癒着症の手術はやらなくていい手術だったと気づいた時

散々、耳鼻咽喉科医に我が子が舌癒着症の重度と言われて、舌癒着症とアデノイドと左右の扁桃腺と上唇の裏側の筋肉を切って鼻の穴が大きく変形してしまう手術を受けたお母さんは、手術直後後悔するか、我が子にこんな酷い手術を受けさせてご主人やおじいちゃんやおばあちゃんに非難されないように頑なに「これで我が子は良くなる。」と自分に言い聞かせる2つのタイプになります。

後悔されたお母さんは、舌癒着症は自費診療なので手術承諾書を書いているため、クレームが付けられません。

泣き寝入りです。

そして悲惨なのは、舌癒着症を信じているお母さんは、正当性を貫くために次のお子さんにも舌癒着症の手術を受けさせることです。

更に、ブログに体験談を書いて、舌癒着症の手術を他のお子さんにも勧めて仲間を増やすことです。

でもあまりにも舌癒着症の被害が多いと厚生労働省がでてきて、舌癒着症という病気は無いと公式発表された時、このお母さん方の心のケアが必要になります。

« 舌癒着症の手術を受けると呼吸が楽になるというのはおかしい話 | トップページ | 呼吸流量測定 »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ