« スリープスプリントも睡眠時無呼吸症治療には不向きです | トップページ | 睡眠時無呼吸症と舌小帯短縮症の関係 »

睡眠時無呼吸症の外科治療

睡眠時無呼吸症の外科治療は、下あごから全部の歯を根っこさら切断して、前に移動して下顎骨にプレートでネジで固定するものです。

即ち、「アイーン」しなくても下あごが前に移動していると考えてください。

しかし、これは上あごも同じ手術が必要で、上手く骨にくっつけばいいのですが、人間の体は一度離れたものを異物と認識してしまいますので総入れ歯になる場合もあります。

更に上下の歯が動かないようにワイヤーで固定しますので、1か月間流動食になります。

口を開けることができません。

手術費用は高額になります。

« スリープスプリントも睡眠時無呼吸症治療には不向きです | トップページ | 睡眠時無呼吸症と舌小帯短縮症の関係 »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ