« なぜ舌癒着症を否定するのか | トップページ | 安易にレーザー、電気メスで舌小帯を切る歯医者、小児科医が急増! »

なぜ小児科学会の舌小帯切除禁止に異を唱えるのか

「舌小帯」で検索するとひだまりクリニックさんの「意を決して書きます・・・」というブログが上位表示されます。

この小児科医は「舌癒着症」の手術の痕のひどさと手術をさせてしまったお母さんの後悔を書いています。

それと昔産婆さんが赤ちゃんの舌小帯を切っていたのと舌癒着症を同じと勘違いしていることです。

そのため2003年に小児科学会が舌小帯切除を禁止した理由も分からずに「舌癒着症」と「舌小帯短縮症」の問題に首を突っ込んできたため大きな迷惑です。

「舌癒着症」は学会を作っていて、小児科学会の会長が参加した際に完全アウェーで何も言えなかったという話です。

小児科学会も昨年舌小帯のシンポジウムを開いたようですが、私ではないのですが舌小帯を切っている方が発表してもやはり完全アウェーで否定されたようです。

こういうことをお医者さん同士でやっているため、「舌小帯」の研究なんて進むわけがありません。

海外では赤ちゃんの舌小帯を切っているようですが、日本は鎖国状態なので全然情報が入ってきません。

« なぜ舌癒着症を否定するのか | トップページ | 安易にレーザー、電気メスで舌小帯を切る歯医者、小児科医が急増! »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ