« 上唇小帯切除手術 | トップページ | 舌癒着症の手術 »

舌癒着症とセットで行う上唇小帯切除(口腔前庭拡大術)

舌癒着症の学会誌からお借りしてきました。

舌癒着症の手術とセットで行われる口腔前庭拡大術といわれるものです。

上唇の上を切開して、口輪筋やオトガイ舌筋をレーザーで切開するようです。

手術後は縫合しないで開放創のようです。

すると下の写真のように鼻が大きく変形します。

以前の手術承諾書にはなかったのですが、「顔の変形の可能性がある」と足されているようです。

そのため患者さんもバカでは無いのでキャンセルするようです。

口腔前庭拡大術という手術名も舌癒着症で作られたもので、患者さんには上唇小帯を切ると説明しているようですが、実際はこういう手術です。

本来の目的は、鼻の穴を大きくする手術の様です。

鼻の穴を大きくすれば呼吸が楽になるそうです。

みなさん知っていましたか?

241636b26042439c8799029d6db8259a_3

3cd8baebc5f445e5ac5e4204080f8a4aj




« 上唇小帯切除手術 | トップページ | 舌癒着症の手術 »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ