« 9月27日日曜日舌小帯切除無事終了 | トップページ | CPAPでは睡眠時無呼吸症は治りません »

舌小帯切除後の痛み

赤ちゃん、子供、大人でも違います。

赤ちゃんは手術直後から母乳やミルクを飲める場合もあるし、翌日まで飲めずにスポイトだけの場合もあります。

また哺乳瓶の乳首の穴を大きくすれば飲める場合もあります。

様々です。

子供は、お母さんが心配するあまり、「痛くない?」と聞き続けると飲まない、食べない傾向があります。

中には、お昼をマックのチーズバーガーをゆっくり食べさせたお母さんもいます。

逆に、心配のあまりに“お粥”を術後3日間続けた方もいます。

もっとすごかったのは、3日間ジュースだけ飲んでいた子供もいます。

子供は母親の顔色を見ながら飲んだり、食べたりしますので、お母さんが心配そうな顔で対応すると「これはかなりひどい症状」と信じ込んでしまうものです。

だから先程のお母さんのように普通に「食べな」と言っていただければ子供さんの場合は大丈夫です。

大人の場合は、痛みは私の言った通りと思っていただければ案外大丈夫です。

しかし、何十年も話し方や食べ方に癖があるため、すぐにすぐには順応できません。

舌先にピリピリ感があったり、舌の根元が痛かったりです。

その場合は痛み止めを飲んでいただければ問題ありません。

« 9月27日日曜日舌小帯切除無事終了 | トップページ | CPAPでは睡眠時無呼吸症は治りません »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ