« 睡眠時無呼吸症の外科治療 | トップページ | 舌小帯のレーザー切除はへそと同じで瘢痕組織になる »

睡眠時無呼吸症と舌小帯短縮症の関係

睡眠時無呼吸症は仰向けに寝ている時に舌が沈下して呼吸が止まる病気です。

それなら舌を前に移動させれば問題ないわけです。

しかし、仰向けに寝ている場合、重力で舌が沈下します。

そこで、舌が前に行くのを制限している舌小帯を切れば舌は前に行くはずです。

ただ舌が前に行けばいいのではなく、口蓋に舌が付いていなければなりません。

そのためには舌を上に挙げる筋力が必要です。

舌小帯を切って、スマイルスリーパーで前方に引っ張り、タン・スプリントで舌を上に挙げるという治療が医療法人社団 井出歯科医院のオリジナル治療です。

« 睡眠時無呼吸症の外科治療 | トップページ | 舌小帯のレーザー切除はへそと同じで瘢痕組織になる »

健康」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ