« 睡眠時無呼吸症と舌小帯短縮症の関係 | トップページ | 睡眠時無呼吸症のCPAPは人工透析と同じで治らない »

舌小帯のレーザー切除はへそと同じで瘢痕組織になる

舌小帯をハサミで切るとすぐ下にオトガイ舌筋という筋肉が出てきます。

切った面はひし形になります。

舌小帯切断伸展術はすぐに縫合するので筋肉が露出することはありません。

しかし、レーザーや電気メスでは筋肉が露出したままなので瘡蓋ができて瘢痕治癒します。

そのひし形に広がった傷全体が瘢痕治癒するため、切る前より舌小帯が太く、固くなります。

これが舌小帯強直症という病気です。

レーザーや電気メスで作る病気になります。

この場合は舌繋瘢痕性短縮矯正術になり、保険診療はできますが残念ながらまた再発します。

セプラフィルムという癒着防止フィルムを使用する場合は保険外になります。

へそはへその緒が切れた後は筋膜と瘢痕組織になっています。

傷口は恐らく縫ってもくっつきません。(皮膚が無いから)

舌小帯をレーザーで切れば必ず瘢痕治癒のため再手術になります。

しかし、最初から舌小帯切断伸展術なら問題ないわけです。

« 睡眠時無呼吸症と舌小帯短縮症の関係 | トップページ | 睡眠時無呼吸症のCPAPは人工透析と同じで治らない »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ