« 舌小帯の病名は「舌小帯短縮症」しかありません | トップページ | 舌癒着症の上唇小帯切除(口腔前庭拡大術)は鼻の穴を大きくする手術 »

舌癒着症は別名舌癒着喉頭蓋喉頭偏位症らしいが、咽頭の間違い

中咽頭は口を開けた時に見える場所です。

4つの部位に分かれており、軟口蓋を「上壁」、口蓋扁桃(扁桃腺)を「側壁」、舌根を「前壁」、口を開けたときに口蓋垂(のどちんこ)の向こうに見えるところを「後壁」といいます。

このように舌根が前壁なので、もし舌癒着症があるのなら『咽頭偏位』なんです。

舌が前方に引っ張られているのならそれは『咽頭』なんです。

でもそんな症状、常識ではあり得ません。

« 舌小帯の病名は「舌小帯短縮症」しかありません | トップページ | 舌癒着症の上唇小帯切除(口腔前庭拡大術)は鼻の穴を大きくする手術 »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ