« 舌癒着症の上唇小帯を切る手術は口腔前庭拡大術といわれますが、鼻の穴を大きくする目的です | トップページ | 舌癒着症の手術はやらなくていい手術だったと気づいた時 »

舌癒着症の手術を受けると呼吸が楽になるというのはおかしい話

舌癒着症の手術を受けると呼吸が楽になると主治医に言われるようですが、舌癒着症の人はみなさん呼吸が苦しかったり、息切れがあるんでしょうか?

実は、みなさん舌小帯が短くて授乳障害になっていて、助産師に言われて診てもらいにかかっています。

最初から呼吸が苦しくて受診しているのではありません。

そもそも呼吸が苦しい、楽になるは自覚症状で、耳鼻咽喉科の言うことではありません。

それもレントゲンやMRIを撮影しているわけではありません。

そして呼吸の問題なのに、髪の毛が逆立っている、夜泣き、後頭部が絶壁、大理石模様の皮膚などおよそ呼吸と関係ない症状を言い、色んな症状を言えばどれか当たります。

来院された赤ちゃんは全て舌癒着症の重度として手術を勧める。

舌に穴を開け、傷口の瘡蓋を歯ブラシで擦るなんておよそ医者のやることじゃあありません。

鼻の穴を大きくしてしまう。

冷静に考えれば、舌癒着症なんてあるわけないです。

« 舌癒着症の上唇小帯を切る手術は口腔前庭拡大術といわれますが、鼻の穴を大きくする目的です | トップページ | 舌癒着症の手術はやらなくていい手術だったと気づいた時 »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ