« 舌癒着症の手術をしても何も変わりません。寧ろ悪くなります | トップページ | 舌癒着症の手術を受けると呼吸が楽になるというのはおかしい話 »

舌癒着症の上唇小帯を切る手術は口腔前庭拡大術といわれますが、鼻の穴を大きくする目的です

どこの世界に「鼻の穴を大きくして呼吸を楽にしましょう。」なんて進んで手術する人がいるでしょうか?

あのマイケル・ジャクソンだって、黒人特有の鼻を小さくしました。

鼻の穴が大きい民族は気候が高温多湿で熱い空気をすぐ外に出すように鼻は低く、鼻の穴は大きくなっています。

北欧は逆で冬は外気がマイナス20℃なので、鼻の穴は細く、鷲鼻で空気を暖める仕組みになっています。

更に、口呼吸が多いのに、鼻の穴を大きくする意味が分かりません。

舌癒着症の手術は上唇小帯(口腔前庭拡大術)とセットで行わないと患者を執刀医が怒るそうです。

やらないにこしたことはありません。

« 舌癒着症の手術をしても何も変わりません。寧ろ悪くなります | トップページ | 舌癒着症の手術を受けると呼吸が楽になるというのはおかしい話 »

健康」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ