« 舌小帯切除後の痛み | トップページ | スリープスプリントも睡眠時無呼吸症治療には不向きです »

CPAPでは睡眠時無呼吸症は治りません

睡眠時無呼吸症と診断された方の多くは、CPAPを勧められます。

鼻に入れたチューブから空気を送り込んで、沈下した舌を持ち挙げるというものです。

中々、慣れない人もいるので中断する人もいます。

このCPAPは根本療法では無く、対処療法なので、完治しません。

死ぬまでこのCPAPを使う必要があります。

« 舌小帯切除後の痛み | トップページ | スリープスプリントも睡眠時無呼吸症治療には不向きです »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ