« もっと最悪な口腔前庭拡大術(存在しない手術) | トップページ | 舌癒着症を否定する理由 »

よく舌癒着症の手術を受けた元患者が保険診療できるようにして欲しいとブログで書かれていますが、絶対できません

舌が下あごに癒着しているレントゲンやMRIが無く、手術は癒着部位を剥離していないで健康なオトガイ舌筋を切っている意味の分からない儀式。

厚生労働省に認めて欲しいならまず癒着している病態を患者さんにも見せなければなりません。

まさか舌小帯を診て確定診断しているなんて患者さんには言えません。

よくあるイラストでは問題外です。

呼吸に問題があるならパルスオキシメーターでは無く、流量検査が必要です。

パルスオキシメーターは睡眠時無呼吸症の簡易検査で呼吸が止まってヘモグロビンが酸素と結合しているのかどうか見るだけのもので、呼吸は全然関係ありません。

舌癒着症の論文に舌癒着症の患者は術前にパルスオキシメーターで75%とありますが、この数値では呼吸困難の状態で入院していなければなりません。

結局、論文もデータの改ざんがされているものが多数で信用されません。

だから宗教、霊感商法と言われ、厚生労働省も相手にしません。

« もっと最悪な口腔前庭拡大術(存在しない手術) | トップページ | 舌癒着症を否定する理由 »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ