« 舌癒着症のいい加減な手術 | トップページ | よく舌癒着症の手術を受けた元患者が保険診療できるようにして欲しいとブログで書かれていますが、絶対できません »

もっと最悪な口腔前庭拡大術(存在しない手術)

舌癒着症の手術とセットで行われる、上唇小帯を切ると騙して上唇の裏側の齦頬移行部をレーザーで切開して口輪筋と鼻中隔下制筋を切除する口腔前庭拡大術と称しているものがあります。

これをされると鼻の穴が大きく変形します。

舌癒着症の先生は鼻の穴が大きくなって呼吸がしやすくなって長生きすると論文に書いています。

上唇小帯をちょっと切るだけと騙して左右の犬歯の根元の齦頬移行部6cmぐらい切ります。

最近は手術承諾書に『鼻の変形がある可能性がある。』と書かれているため、私のところに電話相談して取止める人もいます。

この鼻の変形は治すことができません。

そもそも、口腔前庭拡大術というものは無く、口腔前庭拡張術という歯周病で奥歯の歯肉の幅がなくなっている場合に歯肉を横から持って来て縫う手術はあります。

騙されると取り返しのつかないことになります。

だから舌癒着症は無いということを知っておいてほしいです。

« 舌癒着症のいい加減な手術 | トップページ | よく舌癒着症の手術を受けた元患者が保険診療できるようにして欲しいとブログで書かれていますが、絶対できません »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ