« 水谷歯科への舌小帯のお問い合わせはお止めください! | トップページ | 舌癒着症の被害者だけでは無い!無知な歯医者・小児科医も »

舌小帯を切るのにレーザーや電気メスは絶対ダメ!

昨年、タレントが滑舌を良くするために舌小帯をレーザーで切っていましたが、手術の痕は癒着して固くなって瘤みたくなっていると思います。

ウチでも舌癒着症の患者さんで傷跡が癒着して、3回手術しましたが、癒着は取り除けませんでした。

一度レーザーや電気メスで舌小帯を切る時に舌を上に挙げて切ります。

するとその位置で傷口が広がり、瘡蓋ができて固まります。

最悪なのは、舌小帯の下のオトガイ舌筋を焼き切っていることです。

レーザーや電気メスで切る小児科医や歯医者はこの解剖学的構造が分かっていません。

レーザーや電気メスで切ったばかりでしたら、まだ癒着は初期でまだ完全ではないのですが、1か月もすれば舌小帯は結合組織に置き換わり、かなり固くなります。

この状態で再手術しても癒着した組織が残っている限り、何回も再発します。

最終的には人工皮膚のようなもので代用しなければなりません。

この状態になると、舌小帯を撤去してもあまり変わりません。

だからこそ、安易にレーザーや電気メスで舌小帯を切ってはいけないのです。

もし、井出歯科医院は遠いから、近くでレーザーや電気メスで舌小帯を切ってくれるところがあったからそっちで手術すればいいと安易に考えている方は一生後悔します。

それがお子さんなら尚更です。

ウチは癒着した舌小帯を再手術するところではないので、切っていただいた歯医者に相談してください。

こういう情報をずっと発信していますが、まだ読まれない方がいて残念です。

« 水谷歯科への舌小帯のお問い合わせはお止めください! | トップページ | 舌癒着症の被害者だけでは無い!無知な歯医者・小児科医も »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ