« 赤ちゃんの時に舌小帯短縮症を親が見逃すと発達障害になる可能性がある | トップページ | 舌小帯形成術は生命保険で支払われる »

口腔前庭拡大術というものはありません!

http://sym.aig-fuji-life.co.jp/yakkan/fujimanual/cate05/2012_4_2/qa2.html

口腔前拡張術は歯周病の手術でありますが、生命保険での手術には入っていません。

口腔前庭拡大術は舌癒着症の耳鼻咽喉科の先生が作った手術名です。

目的は上唇の裏の口輪筋や鼻中隔下制筋を切って、鼻の穴を大きくすることです。

それによって呼吸が楽になるという訳のわからないものです。

最初は上唇小帯をちょこっと切るだけと患者さんに説明し、実際大掛かりに健康な筋肉をレーザーで切ってしまうものです。

およそ医療ではありません。

引っ掛からないことです。

« 赤ちゃんの時に舌小帯短縮症を親が見逃すと発達障害になる可能性がある | トップページ | 舌小帯形成術は生命保険で支払われる »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ