« 口腔前庭拡大術という手術はありません | トップページ | リガ・フェーデ病は舌小帯が切れているのではありません »

上唇小帯切除は永久歯前歯の正中離開(すきっぱ)の時だけ

上唇小帯を切る適応年齢は、6歳前後で永久歯前歯の正中離開の時のみです。

哺乳時は必要ありません。

上唇小帯が口蓋まで伸びている場合のみです。

この場合は、上唇小帯切除と口蓋に入り込んだ上唇小帯は撤去です。

舌癒着症では上唇小帯をちょこんと切るといいますが、目的が違います。

鼻の下の口輪筋と鼻中隔下制筋を内側からレーザーで切ってしまっています。

当然、術後麻痺があり、鼻を下に引っ張ることができません。

更に、鼻の穴が大きくなります。

一度、レーザーで切断された筋肉は元に戻すことはできません。

冷静に考えれば分かります。

« 口腔前庭拡大術という手術はありません | トップページ | リガ・フェーデ病は舌小帯が切れているのではありません »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ