« 本当の舌小帯を学びましょう(4) | トップページ | 本当の舌小帯を学びましょう(6) »

本当の舌小帯を学びましょう(5)

b舌小帯が短い症状は「舌小帯短縮症」

保険診療では歯科、医科でもできるのですが、小児科は舌小帯切除をしたことがないため、

構音障害(カ行・サ行・タ行・ラ行の発音ができない)場合は専門医で切ってもらうように小児

科学会では指導されています。

 

厚生労働省が認める保険診療での病名“舌小帯異常”

 

手術名は舌小帯形成術

 

手術コード J027  頬・口唇・舌小帯形成術 560点(5,600円)(歯科)

 

 K419 頬・口唇・舌小帯形成術 560点(5,600円)(医科)

 

日本歯科医師会では舌小帯の手術を「舌小帯切断進展術」を推奨しています。

レーザーは手術ではなく、切開しているだけで舌小帯は伸びませんし、癒着します。

縫合するとこういう形になります。

また舌小帯切除を全身麻酔で行うところもありますが、リスクが高いです。

局所麻酔で十分対応できます。

Cimg2513a_2

前回も書きましたが、舌癒着症という病名はありません。

だから舌癒着症の病院にかかってはいけません。

« 本当の舌小帯を学びましょう(4) | トップページ | 本当の舌小帯を学びましょう(6) »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ