« 本当の舌小帯を学びましょう(3) | トップページ | 本当の舌小帯を学びましょう(5) »

本当の舌小帯を学びましょう(4)

あs前回は舌癒着症は舌小帯と関係ないという話をしました。

舌癒着症は癒着している舌の筋肉と下あごを剥離するのではなく、舌の裏の筋肉を深さ2cmまで切り続けます。

誰が考えても舌を切って前に出すなんて冷静に考えればできないことはできません。

更に鼻の通りを良くするために上唇の裏からレーザーで口輪筋と鼻の舌の筋肉を切断して鼻の穴を大きくするなんて普通じゃああり得ません。

それに舌癒着症はいろんな症状があるように言われています。

・手足が冷たい 

・夜泣きをする・ベッドに置くと泣く・寝つきが悪い 

・母乳の飲み方が下手(むせる・母親の乳首を痛めるなど)・授乳中に寝てしまう 

・指しゃぶりをする

・げっぷ・おならをよくする 

・反り返る姿勢をとる

・視線があわない

・頭の形がきれいな丸でない(左右で形が異なる・絶壁など)

・成長が遅く、寝返りや発語などが遅い

・髪の毛が逆立つ

・大理石のような皮膚

占いじゃあないですからどれか一つは当てはまります。

そして、すぐにすぐではないが、こんなに問題があってこのまま放っておけば親も子も辛いままだけど、手術をすればすべて改善していい循環ができる。

今まで理由がわからず苦労したと思うけど、実はこういう理由だった訳で、手術でそれを取り除けばすぐに楽になれる、やるならすぐやらないといけない。

子供は頭が良くなる。

「呼吸が楽になる」という風に勧誘する。

胡散臭さを感じるんですが、耳鼻咽喉科の先生が言っているので信じてしまう。

手術してから後悔する人もいれば、信じている人もいる。

こういう記事を私は書いているため、舌癒着症の学会誌に「舌癒着症を否定的に書いているブログ」として紹介されているようです。

私から言えることは助産師は舌癒着症の病院を紹介しないことと、舌癒着症のデメリットのブログを探すこと。

http://yoshinuma.asablo.jp/blog/2010/05/01/5054886

« 本当の舌小帯を学びましょう(3) | トップページ | 本当の舌小帯を学びましょう(5) »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ