« 舌小帯をどうしても切りたがっているわけでなく、舌小帯が短い病気だから切るのです | トップページ | 日本歯科医師会で認めている舌小帯形成術は、舌小帯切断進展術、V-Y形成術、Z形成術のみ »

なぜ他の歯科医師や小児科医や耳鼻咽喉科で舌小帯切除はやってはいけない理由

よく私のところが遠方なので近くで舌小帯切除を行っている病院を紹介してくださいという問い合わせがあります。

そういう場合は、「知りません。」とお返事します。

なぜなら、舌小帯形成術をどの医療機関も知らないからです。

ましてや、レーザーで切るなんていうのは言語道断。

Youtubeでは、女子高生の舌小帯をレーザーで全て周りを焼いて、撤去しているものもありました。

知らないのにも程がある。

医科は小児科学会が禁止しているので当然やったことがない。

中にはやはりレーザーで切る無謀な小児科医もいます。

舌小帯切除は簡単そうに見えてすごく神経を使います。

だから最近は赤ちゃんの場合は一日2人が限界です。

8年前まで赤ちゃんは行っていませんでしたから、一日12人行ったこともあります。

大切なお子さんの手術を経験の無い歯科医師、小児科医、耳鼻咽喉科医に任せて大丈夫ですか?

ハート舌の場合は舌先の舌小帯を撤去しなければなりません。

そういうことも知らないのです。

舌小帯のすぐ下にはオトガイ舌筋の薄い筋肉があります。

そこをレーザーで切断すると知覚麻痺と舌を挙上することができなくなります。

そういうことも熟知しているので、遠方でもみなさん私のところにいらっしゃいます。

« 舌小帯をどうしても切りたがっているわけでなく、舌小帯が短い病気だから切るのです | トップページ | 日本歯科医師会で認めている舌小帯形成術は、舌小帯切断進展術、V-Y形成術、Z形成術のみ »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ