« 舌癒着症の先生、駆け込みドクターに出演 | トップページ | 舌癒着症の手術を辞めた方のブログ »

舌小帯短縮症と舌癒着症は全く別物で、舌癒着症なんて存在しない!

舌小帯短縮症を舌癒着症と同じものと勘違いされている方が大勢います。

舌小帯が短い病気が舌小帯異常で舌小帯形成術が手術名の厚生労働省認めている保険診療です。

舌癒着症と言われているのは、舌小帯がの先っぽが下あごの前歯の裏側歯肉にくっついている様子を「癒着」と勘違いしているものです。

更に、舌癒着症は舌の筋肉(オトガイ舌筋)と下あごの筋肉が癒着して、舌が前方に移動して喉の奥の喉頭を前に引っ張っている喉頭偏位症というのが正式名称らしい。

この病気が90%以上日本人になっているらしいが、鑑別診断はありません。

確定診断は、舌小帯の分類。 支離滅裂です。

舌小帯が短いと舌が前に引っ張られているので、喉頭も前に引っ張られていると勘違いしている。

これはスマイルスリーパーといういびき治療器具を装着しているMRI画像です。

舌をおしゃぶりのようなスマイルスリーパーで引っ張ているところです。

舌癒着症はこの状態の事です。

舌を引っ張らないとならない状態です。

仰向けに寝てこのスマイルスリーパーを装着すると、舌が持ち挙げられ、気道が広がり、いびき、睡眠時無呼吸症にもなりません。

寧ろ、この状態が一番いいわけです。

それを舌癒着症は赤丸のところが舌の筋肉と下あごが癒着しているという話。

そして赤い線のところをレーザー切開する。

舌の筋肉は厚いので、ちょっと切ったぐらいでは舌は動きません。

舌癒着症はこういう変な理屈で舌を切ってきました。

当然厚生労働省が認めるわけありません。

海外でも舌小帯を切っているだけです。

舌癒着症は存在しません。舌癒着症は存在しません。

during12

« 舌癒着症の先生、駆け込みドクターに出演 | トップページ | 舌癒着症の手術を辞めた方のブログ »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ