« 舌癒着症は喉頭偏位症が正式名らしいが、これも存在しない | トップページ | 舌癒着症(喉頭上前方偏位)は存在しない »

ガンバ大阪、宇佐美貴史が鼻の手術をして心肺機能アップ

2013年12月3日、ガンバ大阪の宇佐美選手が鼻孔を広げてより酸素を取り入れやすくするため 手術を行うため。「左右で空気を吸える量が違っていたので、それを直すと体力の向上につながるから」(宇佐美)。 チームドクターのアドバイスもあって、このタイミングでの手術を決断したという。幼稚園時代の外傷で左の鼻の通りが悪くなっているといい、 「通りをよくすることで心肺機能を上げることができる」と説明した。

その後の宇佐美選手の活躍はスゴイ。

ちゃんと空気を吸える量の検査をして行っているようです。

口腔前庭拡大術なんてどこも認められていない、ただ上顎犬歯間の歯肉と粘膜の移行部を切開しただけのものとは大違い。

ニセものです。

舌癒着症と口腔前庭拡大術はセットでやるそうですが、エビデンスと言うより医者なら何の効果も無いことぐらいわからないのかな?

耳鼻咽喉科の医者が言うから仕方なく信じているだけで、医者と関係ない人が言えばだれも信じません。

« 舌癒着症は喉頭偏位症が正式名らしいが、これも存在しない | トップページ | 舌癒着症(喉頭上前方偏位)は存在しない »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ