« 舌癒着症は舌小帯短縮症とは全く関係ない病名 | トップページ | 舌癒着症の問題点 »

舌癒着症の手術の後遺症

舌癒着症の手術(レーザーで切りっぱなし)の後遺症はあるに決まっています。

健康な舌の筋肉と鼻の下の筋肉を切るからです。

レーザーで切れば傷口は広がり、瘡蓋になります。

その瘡蓋がコブになります。

舌の健康な筋肉を切っているので舌の先端が麻痺してしまいます。

鼻の下の筋肉を切る理由は鼻の通りを良くするんだそうで、そのために鼻の穴が上を向き変形します。

舌癒着症の先生は、「鼻の穴が大きくなれば長生きできる。」と言われているそうです。

鼻の変形はレーザーで筋肉を切断しているために元に戻すことはできません。

形成外科でも難しいです。

もし後遺症でお悩みの方は、舌癒着症の先生に元に戻すように請求してください。

こういう手術をする以上、予想できた後遺症だからです。

偶に舌癒着症の方から舌小帯の手術と同じと勘違いして、私のところにご相談の電話を頂きますが、私はこんな馬鹿げた手術はやっていないため、お断りしました。

« 舌癒着症は舌小帯短縮症とは全く関係ない病名 | トップページ | 舌癒着症の問題点 »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ