« 舌小帯を切らないと将来どうなりますか? | トップページ | 舌癒着症の手術の後遺症 »

舌癒着症は舌小帯短縮症とは全く関係ない病名

舌癒着症の症状が私の赤ちゃんと同じ症状と思っているあなた、当たり前です。

赤ちゃんの全ての特徴を書いてあるからです。

「髪の毛が逆立っている」舌と全く関係ありません。

どれか一つでも当たればそう思ってしまうのが舌癒着症の手口で、血液型占いと同じレベルなんです。

検査もロクにしないで、下あごと舌の筋肉が癒着しているらしいです。

検査というのはMRI、レントゲン検査です。

舌小帯が短いことで相談に行ったのに、「呼吸の問題」とすり替えられてしまいます。

冷静に考えれば、「あれっ、おかしいぞ!」と思うんですが、ちゃんとした病院で医者なので信じてしまう。

更に、「すぐにすぐではない。」と言っておきながら、「説明会に参加してください。」と言われても断ってセカンドオピニオンをするようにしてください。

この説明会が曲者です。

それに舌癒着症の先生がちゃんと言っています。

「舌癒着症は舌小帯と無関係です、呼吸の問題です。」

だから、舌小帯短縮症と検診で言われたら舌癒着症の病院にかかってはいけません。

舌小帯は切らないからです。

« 舌小帯を切らないと将来どうなりますか? | トップページ | 舌癒着症の手術の後遺症 »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ