« 舌小帯を切るときレーザーがダメな理由 | トップページ | 舌小帯切除後の滑舌割り箸を使ったトレーニング »

高知県から7か月の赤ちゃんの舌小帯のお問い合わせがありました

高知県から生後7か月の赤ちゃんの舌小帯のお問い合わせを頂きました。

高知県で舌小帯短縮症の治療は小児科では行っていないためです。

遠方の方でも前日の土曜日に富士市にいらっしゃっていただいて、ホテルに一泊して、次の日の日曜日に手術していただければ、その日にうちに自宅にお帰りになれます。

縫合は溶ける糸を使用していますので、1か月ぐらいで溶けます。

ですから、手術1か月後にもう一度消毒にいらっしゃっていただければ大丈夫です。

大人の人の滑舌は舌小帯を切っただけでは治りません。

トレーニングが必要です。

その場合も半年ぐらいに一度拝見します。

新幹線、ホテル代、飛行機の運賃も医療費控除になります。

« 舌小帯を切るときレーザーがダメな理由 | トップページ | 舌小帯切除後の滑舌割り箸を使ったトレーニング »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ