« 5月24日日曜日舌小帯切除無事終了 | トップページ | 舌小帯切除後の舌の後戻り »

上唇小帯切除は乳歯が永久歯に代わってからの6歳ぐらい

上唇小帯は乳歯の時よりも永久歯に生え代わる時に真ん中の歯の間に入り込んで、隙っ歯(正中離開)なることが問題です。

だから永久歯に生え代わる6歳ぐらいが適応年齢です。

この時に上唇小帯切除して口を閉じていれば、この隙っ歯は治ります。

矯正の必要はありません。

しかし、側切歯が変に生えてきた場合は矯正が必要です。

4

舌癒着症は上唇小帯ではなく、鼻中隔下制筋という表情筋を切るので、鼻が変形します。

舌癒着症では鼻の通りを良くするためにこの上唇小帯を切ると言われますが、実はこの上唇小帯の上の鼻中隔下制筋を切ります。

そもそも舌癒着症という病気は存在しません。(厚生労働省、医師会でも認められていません。)

冷静に考えれば、「鼻の通りがよくなる、呼吸が楽になる。」って医者が言うことではありません。

健康な筋肉を切る必要はありません。

« 5月24日日曜日舌小帯切除無事終了 | トップページ | 舌小帯切除後の舌の後戻り »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ