« 舌小帯は哺乳障害、授乳障害だから切るのではない! | トップページ | 舌小帯がかなり短いとハート舌になりますが、ハート舌にならなくても舌小帯は切ります »

舌小帯が短くても母乳やミルクが飲めれば切らなくていいのでは無く、あくまでも舌小帯異常で切ります

よく、舌小帯が短くても哺乳や授乳ができるので切らなくていいと判断するお医者さんやお母さんがいますが、間違いです。

この場合はお母さんの母乳の出が良かったり、哺乳瓶の乳首の穴を箸で大きくして障害が出なかっただけです。

通常、舌小帯が短いと摂食障害に必ずなります。

噛んだ食隗を喉の奥に送り込むことができないからです。

食べるのが遅い原因です。

赤ちゃんの舌小帯を切ると、吸啜反射がすぐにできるようになります。

舌小帯が短ければ舌を動かすことができないわけですから。

舌小帯を切るのか切らないのかを判断するのはお母さんです。

お母さんが舌小帯のことを私のホームページをお読みください。

舌小帯が短いのは遺伝なので、赤ちゃんが短い場合はお父さんかお母さんかおじいちゃん、おばあちゃんも短いです。

« 舌小帯は哺乳障害、授乳障害だから切るのではない! | トップページ | 舌小帯がかなり短いとハート舌になりますが、ハート舌にならなくても舌小帯は切ります »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ