« 舌小帯を切るべきか切らないべきかそれが問題だ! | トップページ | 箱根駅伝の低体温症の原因は口呼吸 »

反対咬合の原因は舌小帯短縮症とおしゃぶり禁止

最近、幼児の反対咬合が増えています。

理由は舌小帯が短いために生えてきたばかりの乳歯の前歯を裏側から押し続けます。

通常は下唇が押し戻すのですが、歯科医師会が「ゆびしゃぶり・おしゃぶり」を禁止しためにポカーン口の口呼吸が増加しているのが原因です。

「ゆびしゃぶり・おしゃぶり」は出っ歯になるから禁止したんですが、逆に反対咬合(受け口)になってしまっています。

この時期の治療は「ムーシルド」とおしゃぶりで治ります。

しかし、舌小帯切除もしないとまた元の反対咬合に後戻りします。

« 舌小帯を切るべきか切らないべきかそれが問題だ! | トップページ | 箱根駅伝の低体温症の原因は口呼吸 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ