« 反対咬合の原因は舌小帯短縮症とおしゃぶり禁止 | トップページ | サウジアラビアでは生まれてすぐ舌小帯を切るようです! »

箱根駅伝の低体温症の原因は口呼吸

箱根駅伝で往路5区の箱根越えで毎年低体温症になる選手がいますが、これは気温の変化ではなく、口呼吸によって唾液が気化して、その気化熱で体温が低下するためです。

日ごろの練習からブリーズライトや鼻呼吸をする工夫をしなければ、どの大学も低体温症に悩まされると思います。

栄養とか、防寒着では無いのです。

犬と同じです。

« 反対咬合の原因は舌小帯短縮症とおしゃぶり禁止 | トップページ | サウジアラビアでは生まれてすぐ舌小帯を切るようです! »

「スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/61509314

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝の低体温症の原因は口呼吸:

« 反対咬合の原因は舌小帯短縮症とおしゃぶり禁止 | トップページ | サウジアラビアでは生まれてすぐ舌小帯を切るようです! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ