« 舌小帯切除の日は、4月26日日曜日午前中です | トップページ | いびき・睡眠時無呼吸症治療は舌小帯切除とタン・スプリント »

睡眠時無呼吸症の最新治療器具「スマイルスリーパー」

睡眠時無呼吸症の最新器具「スマイルスリーパー」は歯医者で販売しています。

睡眠時無呼吸症の治療に歯医者で作製する「スリープスプリント」があります。

これは睡眠時無呼吸症は寝ている時に舌が沈下して気道を塞ぐ病気なので、反対の噛み合わせで型を取ったマウスピースを装着すれば舌は落ちません。

このマウスピースを「スリープスプリント」といいますが、医師の指示が無いとできません。

この「スマイルスリーパー」は医師の指示が無くてもできる治療です。

但し、睡眠時無呼吸症の治療では厚生省の認可が下りていないため無理です。

そのため自費診療になります。

医療法人社団 井出歯科医院ではスリープレコーダーで測定し、睡眠時無呼吸症だった場合のみに「スマイルスリーパー」を装着します。

当然、いびきも同じです。

いびきは舌が沈下しているのですが、完全に気道を塞いでいないで、狭くなっている状態です。

それで空気が通ると振動するのがいびきです。

このいびきが止まるというのは完全に舌が気道を塞いだことを意味します。

「スマイルスリーパー」は自費診療で5万円(消費税別)になります。

« 舌小帯切除の日は、4月26日日曜日午前中です | トップページ | いびき・睡眠時無呼吸症治療は舌小帯切除とタン・スプリント »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ