« 舌小帯切除の手術日は毎月第4日曜日午前中 | トップページ | 舌小帯切除を平成27年3月29日日曜日に5人行いました »

舌小帯が短いと気づいたらすぐに切る!

海外では、生まれすぐの赤ちゃんの舌小帯は薄い膜なので、尖った爪で切っているようです。

これがだんだん弾力性のある紐のようになってきます。

こうなると舌小帯を切って縫合しなければなりません。

だから赤ちゃんの時に切るのがベストです。

授乳障害や構音障害や反対咬合になるのを予防するために舌小帯を切るのではありません。

舌小帯の異常、短いから切るのです。

舌小帯が短いと食べたものを喉の奥に送り込むことができません。

そのため液状になるまで噛み続けます。

食べるのが遅い人は摂食障害なんです。

舌小帯を切るとか、切らないとかネット上では書かれていますが、舌小帯が短い病気なので、切るというのが正解です。

だから保険診療に手術があり、厚生労働省が認めているものです。

« 舌小帯切除の手術日は毎月第4日曜日午前中 | トップページ | 舌小帯切除を平成27年3月29日日曜日に5人行いました »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ