« 舌小帯切除は舌小帯が短いから切る | トップページ | 舌癒着症は舌小帯を切らない、小児科も舌小帯を切らない »

舌小帯切除は厚生労働省で認められている手術

舌小帯が短い場合は『舌小帯異常』という病名で、『頬・唇・舌小帯形成術』という手術名で保険診療でできます。(縫合までします。)

医科でもこの保険点数はあるのですが、小児科学会は禁止しています。

舌癒着症は「鼻の通りが悪い」ということで舌の健康な筋肉(オトガイ舌筋)と上唇小帯(これは保険診療でできるはず)と口腔前庭拡大術(存在しない手術名)をレーザーで切りっぱなしにするもので、手術と呼べるものでない為保険適応外です。

よく舌癒着症を応援されている方が早く厚生労働省に認められるといいとおっしゃっていますが、永遠に無理です。

それは検査がないからです。

舌癒着症の診断は視診だそうです。(最初の定義だと舌の筋肉が下あごに癒着している)

癒着部位を特定して切るのが普通ですが、オトガイ舌筋3層?まで切るそうです。

舌癒着症の分類は何故か舌小帯の分類です。

Img070aa

« 舌小帯切除は舌小帯が短いから切る | トップページ | 舌癒着症は舌小帯を切らない、小児科も舌小帯を切らない »

「歯科」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ