« 舌小帯の種類 | トップページ | 舌小帯を考える、小児科学会について »

滑舌が悪い原因

滑舌が悪い原因は舌小帯が短いため、舌が動かなくなり、下あごの前歯の裏側歯肉に舌先が付いた状態にいつもいるためです。

舌小帯切除しても治りません。

長年、その状態で話しているためです。

福澤朗アナウンサーの滑舌棒は、咥えた状態で舌を棒の後ろに置くことによって、舌を下あごの前歯から離して話す訓練です。

その際に「ブラジル人ミラクルビラ配り」と3回発声するとよくなるというものです。

しかし、舌の位置がいつも下あごの前歯の裏側歯肉にいる癖を取り除かなければ治りません。

そのために医療法人社団 井出歯科医院のタン・スプリントが有効です。

実は滑舌が悪くならないようにするには、赤ちゃんの時に舌小帯切除をしておけばなりません。

http://www.tongue-tie.jp/

« 舌小帯の種類 | トップページ | 舌小帯を考える、小児科学会について »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ