« 舌小帯が短い赤ちゃん② | トップページ | 舌小帯短縮症は歯科検診では80%います »

舌小帯短縮症は病気です

よく授乳障害、哺乳障害で舌小帯を切らなくていいというHPやブログが載っていますが、舌小帯短縮症は舌小帯が短い病気です。

みなさんもご存知の通り、保険診療は病気にしか適応されません。

予防は保険適応外です。

母乳やミルクが飲めないかもしれないとか、構音障害になるかもしれないから舌小帯を切りましょうではなく、舌小帯が短ければ嚥下障害、摂食障害、構音障害なので切りましょうということです。

舌小帯を切った方がいいとか切らない方がいいということではないのです。

舌小帯が短いかどうかの問題です。

海外では赤ちゃんの時に舌小帯を切っているのに、日本では小児科が禁止しているためそういう海外の情報が入って来ない鎖国状態になっています。

Tongue123

この図を見ればわかってもらえるかな。

« 舌小帯が短い赤ちゃん② | トップページ | 舌小帯短縮症は歯科検診では80%います »

健康」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ