« 給食の牛乳廃止問題 | トップページ | LとRの発音 »

よく噛んでゆっくり食べることは間違い!

よく食育の話で、よく噛んでゆっくり食べると言われますが、全くの間違いです。

ライオンでさえ、食べている時に油断していると外敵から襲われます。

そのため美味しい内臓だけ食べてすぐにいなくなります。

昔は、大家族だったのでゆっくり食べていたら自分の分が無くなります。

当時はテレビを観ながら食べるということも無く、話しながら食べていたらおじいちゃんに怒られました。

それだけ食べることに集中していました。

人間の食べるという仕組みも本来は早食いでできています。

それが早食いのできない人は舌小帯が短いため、食べ物を喉の奥に持って行くことできません。

そのためずっとモグモグして液状になるまで噛んで、飲み物と一緒に流し込みます。

それに食事が出て、1時間もしたら冷めて不味くなります。

懐石料理はそのためにお店の人が見計らって料理をお出しします。

熱い物は熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに。

これが食べる基本です。

それに人は口を閉じなければ飲み込むことができません。

はなしながらは良くありません。

« 給食の牛乳廃止問題 | トップページ | LとRの発音 »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ