« 舌小帯の真実(滑舌悪いの次は反対咬合) | トップページ | 舌小帯の真実(歯科検診では7割が舌小帯短縮症) »

舌小帯の真実(反対咬合の次は舌ガン?)

Photo

舌小帯が短いと自由に動けないので、下あごの前歯の裏側を押し続けます。

すると口呼吸も手伝って、口輪筋が弱くなっているので唇で押し戻すことができません。

そのため反対咬合になります。

そして押している舌の側面に歯の圧痕が付きます。

これが四六時中ですと、慢性刺激になってガン化します。

あなたの舌は大丈夫?

« 舌小帯の真実(滑舌悪いの次は反対咬合) | トップページ | 舌小帯の真実(歯科検診では7割が舌小帯短縮症) »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ