« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

よく噛んでゆっくり食べることは間違い!

よく食育の話で、よく噛んでゆっくり食べると言われますが、全くの間違いです。

ライオンでさえ、食べている時に油断していると外敵から襲われます。

そのため美味しい内臓だけ食べてすぐにいなくなります。

昔は、大家族だったのでゆっくり食べていたら自分の分が無くなります。

当時はテレビを観ながら食べるということも無く、話しながら食べていたらおじいちゃんに怒られました。

それだけ食べることに集中していました。

人間の食べるという仕組みも本来は早食いでできています。

それが早食いのできない人は舌小帯が短いため、食べ物を喉の奥に持って行くことできません。

そのためずっとモグモグして液状になるまで噛んで、飲み物と一緒に流し込みます。

それに食事が出て、1時間もしたら冷めて不味くなります。

懐石料理はそのためにお店の人が見計らって料理をお出しします。

熱い物は熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに。

これが食べる基本です。

それに人は口を閉じなければ飲み込むことができません。

はなしながらは良くありません。

給食の牛乳廃止問題

給食の牛乳を廃止している学校が増えているそうです。

ごはんに牛乳は確かに合いません。

でも今の子供さんは舌小帯が短くて摂食障害が多いため、流し込むのに牛乳が必要なんです。

もし牛乳を廃止すればお昼休みが無くなってしまいます。

それだけ今の子供さんは食べるのが遅いです。

朝ごはんを食べない子供も食べるのが遅いので学校に行くのが間に合わなくなるためシリアルに牛乳をかけて食べるか、カレーのような汁物をかけて食べていきます。

カルシウムがどうのこうのというのはあまり関係ありません。

寧ろ、アレルギーの問題もあるので牛乳よりお茶の方がいいかな。

舌小帯切除25年の実績のある歯科医院

医療法人社団 井出歯科医院は矯正の後戻り防止に25年前から横浜の口腔外科医の水谷先生の執刀の元、舌小帯切除を行っております。

6年前から赤ちゃんの授乳障害、乳児の反対咬合、幼児の構音障害、大人の滑舌が悪い、睡眠時無呼吸症の治療を行っております。

Photo

舌小帯切除の適応年齢

舌小帯切除の適応年齢はズバリ赤ちゃん!(赤ちゃんからお年寄りまで切除可能ですが)

この時期に通常哺乳の際に舌がかなり動いています。

それが、舌小帯が短いと動きが制限され、本来の動きができません。

生後2か月ぐらいに切っていないと、この動きができないため舌の筋肉の発達は望めません。

この時期を過ぎると「ハート舌」になります。

「ハート舌」は舌の先端内部まで舌小帯が入り込むため、舌小帯を全て摘出しなければなりません。

乳児や幼児でも適応年齢ですが、舌の動きが鈍ります。

大人はでは切ることはできますが、舌小帯を切った後トレーニングが必要です。

生後2か月がベストです。

舌小帯切除の手術費用は全て保険診療

舌小帯切除の手術費用は全て保険診療です。

これに初診料もしくは再診料と処方箋料がプラスされますが、窓口会計で3,000円もしません。

そして舌癒着症という病名は存在しません。

オトガイ舌筋と下顎骨が先天的に癒着していること自体あり得ませんし、鼻の通りを良くすると言って、口輪筋と鼻中隔下制筋を切除するなんて医学的というか素人が冷静に考えてもおかしいと思います。

それもレーザーで切りっぱなしで縫合もしません。

レーザーによる怪我と一緒で、膿の切開と同レベルで、保険診療なんて認められないのは当然です。

J027 頬、口唇、舌小帯形成術  560点

(1) 頬、口唇、舌小帯形成術は、次の場合に算定する。
イ  頬、口唇、舌小帯に対する形成手術を行った場合
ロ  頬、口唇、舌小帯に対する切離移動術を行った場合
ハ  小帯等を切除して開窓術を行った場合
ニ  ピエール・ロバン症候群の患者に対し、舌の前方牽引を行った場合

(2) (1)に掲げる手術を、複数の小帯に対して行った場合は、主たる手術の所定点数のみにより算定する。

レーザー、電気メス、ハサミ、メスなどどれを使用しても保険診療です。

しかし、包茎手術でもそうですが、ちゃんと縫合しなければ癒着します。

レーザーの切りっぱなしはダメです。

舌小帯切除手術(包茎手術と同じ)

ヨーロッパでは割礼儀式と舌小帯切除を一緒にやるところもあると聞きます。

 

ある意味、包茎と舌小帯はリセットしないと機能しない点で共通点があります。

 

相違点は、包茎手術をインターネットで検索すると、かなり詳しく載っていることです。

 

・包茎(舌小帯)とは

 

・包茎(舌小帯)の種類

 

・包茎(舌小帯)手術の種類

 

・包茎(舌小帯が短いと)で困ること

 

・包茎(舌小帯切除)のデメリット

 

・包茎(舌小帯)治療クリニックの選び方

 

・包茎(舌小帯切除)手術の流れ

 

・包茎(舌小帯切除)手術費用の相場

 

・包茎(舌小帯切除)手術後の注意点

 

・包茎(舌小帯切除)手術の体験談

 

・包茎(舌小帯切除)手術後の傷跡

舌小帯切除ガイドライン(包茎手術でも縫合します)

包茎手術には、環状切開法、亀頭直下埋没法、複合曲線作図法、バックカット法とありますが、全て包皮を切った後に縫合します。

切った包皮断面が出血や癒着しないように行われます。

レーザーメスで切っても縫合はあるようです。

舌小帯切除でレーザー使用して「はい終わり!」としていますが、体のどこでも切りっぱなしは絶対しません。

舌小帯切除ガイドライン(舌小帯切除は保険診療)

舌小帯切除は、「舌小帯異常」という病名で、「小帯切離移動術」という手術名で歯科でも医科でも保険診療ができます。

レーザー、電気メス、ハサミ、メスなどのどれを使用しても保険診療です。

小児科は舌小帯切除を理由は分かりませんが禁止しているので、医科では切れません。

生後6か月から全身麻酔で切るという噂もありますが、外来で局所麻酔で10分程度で終了します。

赤ちゃんや乳児で舌小帯切除後に上手く食べたり、飲めなくなる場合もあるので、点滴ができるようなかかりつけの小児科を探しておいてください。

適応年齢は赤ちゃんからお年寄りまでできます。

正確な舌小帯の情報

先月、このブログで舌小帯切除を禁止している小児科の学会やオトガイ舌筋と鼻中隔下制筋を切っていて、舌小帯と関係ない手術をしている舌癒着症の批判をした結果、Yahoo・Googleの順位が圏外に落とされてしまいました。

しかし、その結果赤ちゃんが舌小帯切除を全然理解していない歯科医院でレーザー切除されてしまいました。

小児科に授乳障害でかかったのに「様子を見ましょう」で何もしてくれなかったため、私のところで舌小帯切除された2か月の赤ちゃん。

舌癒着症の手術をする寸前で思い留まったお母さんもいて感謝されました。

舌小帯にはガイドラインが無いため、どれが検索されている方の真の情報か分かりません。

ガイドラインが無いということはセカンドオピニオンがありません。

誰も舌小帯の真実を知らないからです。

私は25年間舌小帯を切除してきました。

800件は超えていると思います。

ここで伝えていることが真実か分かりませんが、舌小帯短縮症によって起こる弊害の治療までしてきました。

これからも皆さんにとって有意義な情報を発信して、Yahoo・Googleで1位になりお役に立ちたいと思っております。

間違った情報で悲惨な結果になった方を多くみていますので、これ以上増やさないため精進します。

舌小帯切除は実は1回こっきりなのでなおさら慎重にしなければなりません。 

舌小帯(舌のレントゲン動画)

京都の朝日レントゲンでCTのレントゲン動画のデモを見学してきました。

CTのセンサーでは8×8の大きさなので喉頭までは見ることはできませんでした。

舌の動きは見ることはできたので、矯正で使うセファロというレントゲン装置にCCDカメラを付ければ舌の動きはもっと鮮明に見れることが分かりました。

次回はセファロでみせてもらうようにします。

舌小帯切除専門医

以前からあった「舌小帯センター・ライブドア」はタイトル「舌小帯切除専門医」になりました。

舌小帯切除にはガイドラインが無いため間違った治療が多いため、「舌小帯切除専門医」で25年舌小帯切除してきた経験をお話できると思います。

舌小帯の真実(幼児の反対咬合)

舌小帯が短いと下あごの前歯の裏側を押しているため反対咬合(受け口)になります。

更に、口呼吸で下唇の力が弱いので、押された前歯を押し返すことができません。

2歳ぐらいまでは舌小帯切除とおしゃぶりで治療できます。

それ以降はムーシールドになりますが、ムーシールドは大きな指しゃぶりといっしょです。

前歯の反対咬合は改善できますが、奥歯の反対咬合は改善できません。

大体の歯科医院は永久歯になってから矯正しましょうと説明しますが、それではもう遅いのです。

歯並びと言うのは舌が前に押す力と唇が戻す力で決定します。

ですから固い物(スルメ)を食べても歯並びには関係ありません。

矯正して歯並びが良くなっても舌と唇の環境が改善されなければ必ず後戻りします。

幼児の反対咬合を相談されてくる方がいますが、事の重大さがわかっていらっしゃらないです。

中には私の説明を聞いて、可愛そうだとか、自然に治ると思っている方がいますが、1分1秒でも早く治さなければ舌の癖で今度は構音障害になります。

次から次へ色んな症状が出ます。

舌小帯の真実(歯科検診では7割が舌小帯短縮症)

私がこれまで歯科検診してきた舌小帯短縮症の人は平均7割います。

その中で舌小帯がかなり短いのは1割います。

残念ながら歯科検診では舌小帯はチェック項目に無いため指摘できません。

しかし、私の担当の1歳半や3歳児検診では、構音障害をお母さんに指摘して舌小帯を切るところをネットで探すように指導します。

残念ながら、そのルートでウチにきたことはありません。

みなさん本当に簡単に考えています。

舌小帯の真実(反対咬合の次は舌ガン?)

Photo

舌小帯が短いと自由に動けないので、下あごの前歯の裏側を押し続けます。

すると口呼吸も手伝って、口輪筋が弱くなっているので唇で押し戻すことができません。

そのため反対咬合になります。

そして押している舌の側面に歯の圧痕が付きます。

これが四六時中ですと、慢性刺激になってガン化します。

あなたの舌は大丈夫?

舌小帯の真実(滑舌悪いの次は反対咬合)

昨年から「滑舌が悪い」ので舌小帯を切ることを希望する人が出てきました。

しかし、もう何年も舌の癖で話してきたものが舌小帯を切っただけでは治る訳がありません。

最近増えてきたのが反対咬合です。

舌小帯が短いと下顎前歯の裏側を押し続けるために反対咬合になります。

受け口です。

舌小帯だけでなく、口呼吸で口輪筋が弱くなっているため、押し戻す力が無くなっているのも原因の一因です。

このままでは日本人は受け口ばかりになります。

アベノミクスどうなの?

「アベノミクスってどうなの?」 あまり経済の事は分かりませんが、税収が45兆円で歳出が95兆円の意味が良く分かりません。

通常は45万円給料があればその範囲内で生活するのに、95万円も使えばサラ金(国債)に借りるしかない。

アベノミクスはインフレになれば消費税分が上がり、株価が上がるので、上がった分企業や銀行が儲かる。

すると企業が設備投資して工場を新しく国内に作り、雇用が生まれ、じきにお金が回って来るそうです。

でも企業は円高で人件費の安い中国や東南アジアに移設してしまっているので、設備投資はあり得ない。

企業の下請けは円安で材料が高騰するが、企業は値上げを許さない。

なんか「風が吹けば桶屋が儲かる。」と変わりませんね。

国の借金も1,000兆円を超えているそうですが、国債は大体は皆さんが預金している銀行が買っているので、もしリーマンショックみたいなのがきて銀行が潰れれば、1,000兆円はチャラになるのかな?

確か、皆さんの預金は1,000万円保障されているみたいですね。

舌小帯の真実(ヨーロッパでの舌小帯切除)

昨日の舌小帯の電話相談の方は、赤ちゃんをヨーロッパで出産され、生後1週間で舌小帯を切ってもらったそうです。

日本は小児科学会が舌小帯切除を禁止しているため、こういう情報が入ってきません。

丁度、鎖国みたいです。

実は、私がこれまで1歳半、3歳、幼稚園、保育園、小学校、中学校の歯科検診では舌小帯異常が7割ぐらいいらっしゃいます。

これだけ多いのに何も対策を打っていないことがも問題です。

舌小帯の真実(英語のLの発音ができない)

英語のLの発音ができないのは滑舌が悪いのと同じく、舌の位置の問題です。

普段から舌の位置が下顎前歯の裏側にあるため、Lの発音は口蓋に舌が当足らない為です。

英語のLの発音は「ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・・・」と続けて発音した舌の位置がLの発音になります。

舌が口蓋に届かないとLの発音では無くRの発音になります。

韓国映画「もしも、あなたなら」のオムニバス映画に収録されています。

韓国はLの発音が悪いと舌小帯切除をします。

Legend(レジェンド)の「L」の発音

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6140459

ノルディックスキージャンプワ-ルドカップで葛西選手が優勝しました。

同得点でスイスのシモン・アマン選手も優勝しました。

その優勝スピーチで葛西選手を「レジェンド、レジェンド」と言っていました。

その時の発音「Legend」の「L」の発音のいいこと。

日本人は「L」の発音が舌小帯短縮症のためできません。

構音障害になる3歳前に舌小帯切除をお勧めします、というか赤ちゃんの時に切除が一番楽です。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ