« 小児科の「様子をみましょう」が舌癒着症被害の原因 | トップページ | 舌癒着症・喉頭偏位症の確定診断はMRIでないとできないはず »

小児科学会の舌小帯切除禁止理由

小児科学会では舌小帯切除を禁止しています。

だから授乳障害で小児科に相談に行っても「様子をみましょう」で終わり。

小児科の先生曰く、「授乳障害に様々な原因があるが舌小帯が原因ではない。」そうである。

小児科の先生に「では何が原因ですか?」と何度もお聞きしても分からず仕舞い。

結局、産婆さんが舌小帯切除していたのを快く思っていなくて、産婆にできる手術をお医者様ができるかといことかな?

どうやら本当に誰も知らないようで、でも禁止されているらしい。

こんないい加減だから、効果が全然ないインフルエンザワクチンを騙して患者さんに打っているのかも?

私は今までインフルエンザワクチンを打ったことがありません。

唯一、打ったのは豚インフルエンザのワクチンのみです。

これはメキシコからインフルエンザウィルスを取り寄せて、季節性インフルエンザと交換して作った物だからです。

季節性インフルエンザワクチンは256種類から毎年選んで作っているため、同じウィルスに当たりません。

だから季節性インフルエンザワクチンを打ったのにインフルエンザに罹患するということが起きます。

全然別のインフルエンザウィルスなのでワクチンの効果はゼロです。

« 小児科の「様子をみましょう」が舌癒着症被害の原因 | トップページ | 舌癒着症・喉頭偏位症の確定診断はMRIでないとできないはず »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ