« 赤ちゃんの舌小帯切除後の予後 | トップページ | 小児科学会の舌小帯切除禁止理由 »

小児科の「様子をみましょう」が舌癒着症被害の原因

授乳障害で小児科に受診すると、必ず「様子をみましょう。」で終わり。

それで悩んでいるお母さんは助産師に相談。

助産師は「昔はチョキンと舌小帯を切ってあげたんだけど、今はできないので切ってくれる病院を紹介するね。」と舌癒着症の病院を紹介される。

ところがいざ、病院にかかると「一緒に上唇小帯を切って鼻の通りを良くした方がいい。」と言われ、舌小帯でなくオトガイ舌筋と上唇小帯でなく鼻中隔下制筋と口輪筋をレーザーで焼き切ります。

以前は手術承諾書にサインしたため、クレームは一切受け付けなかったようです。

最近は「鼻の変形の可能性」があると入れたため、お母さん方は気が付き、キャンセルします。

鼻の変形があるなんて手術承諾書にこの一文を入れれば誰だって止めますよ。

でも主訴は舌小帯切除ですよね。

鼻の通りなんて“ブリーズライト”貼っておけば十分です。

こんな普通のことも分からないかな?

« 赤ちゃんの舌小帯切除後の予後 | トップページ | 小児科学会の舌小帯切除禁止理由 »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ