« 舌小帯切除を反対する小児科医 | トップページ | 舌小帯の真実2(いつ切ったらいいの?) »

舌小帯の真実(いつ切ったらいいの?)

恐らく小児科や舌癒着症のネガティブキャンペーンをやったせいでGoogleやYahooの検索エンジンから舌小帯センターは圏外にされました。

昔産婆さんがおっぱいの吸い付きが悪い理由が舌小帯短縮症と気づき、赤ちゃんを取り上げた時に舌小帯をハサミでチョキンと切っていました。

これは悪い結果が出たから原因を取り除いただけのシンプルなものでした。

これを医者の面子で禁止にし、授乳障害で悩んでいるお母さんを「様子を見ましょう」で家に帰し、舌や鼻の筋肉を切る病院に送った責任は大きい。

これが真実です。

小児科学会のHPにも載っています。

http://www.jsps.gr.jp/general/disease/m/eoxp18

これには舌小帯を切る時期が明記されていませんが、赤ちゃんの時に切らないと口呼吸や舌位や舌癖が出る幼児期には切っただけでは治らなくなります。

小児科医では舌小帯は切れないこともお分かりでしょう。

25年間舌小帯切除をしてきた私だからこそわかっていることです。

« 舌小帯切除を反対する小児科医 | トップページ | 舌小帯の真実2(いつ切ったらいいの?) »

健康」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ