« 鼻中隔矯正術 | トップページ | 舌小帯切除の術前・術後 »

舌小帯切除のヒヤリハット

25年舌小帯切除を行っていて、ヒヤリハットは3例ありました。

3例とも縫合の際に唾液腺付近を縫合したため、舌下部が唾液で膨らんだものです。

その場合、すぐ来院していただき、一番下の縫合糸を切ります。

それで大丈夫です。

一番下の部位の縫合は細心の注意が必要です。

その他に縫合した糸が外れて、その部分が癒着することです。

その場合も再手術しますが、癒着はまた新たに癒着することもあります。

レーザーによる癒着は舌小帯全体が固くなってハサミも入らない場合もあります。

この場合は舌小帯を摘出して人工粘膜を付けます。

癒着と言うのは手術したり、炎症を起こした部位が結合組織に変わり、固くなってしまうことです。

« 鼻中隔矯正術 | トップページ | 舌小帯切除の術前・術後 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ