« 構音障害治療2 | トップページ | お医者さんのお子さんの舌小帯切除 »

舌癖

滑舌が悪い原因は舌小帯短縮症とネットで知られるようになりましたが、しかし舌小帯を切っただけでは滑舌は良くなりません。

舌の癖のせいです。

そもそも滑舌が悪い理由は舌小帯短縮症もありますが、舌がいつも下顎前歯裏側にピタッとくっついて話すからです。

この癖を取るには滑舌棒しかありません。

これを発明した福澤朗アナウンサーは天才です。

でも滑舌棒がないので滑舌割り箸でウチは代用しています。

唯一、舌小帯切除だけで治るのは赤ちゃんの時に舌小帯を切ることです。

赤ちゃんの舌小帯は柔らかく、弾力性に富んでいます。

ハサミをいれるとピーッと下まで切れてしまいます。

後は縫ってあげるだけです。

これから起こるであろうアレルギー、アトピー、構音障害、摂食障害、睡眠時無呼吸症になりません。

国民医療費を下げるには舌小帯切除ですね。

« 構音障害治療2 | トップページ | お医者さんのお子さんの舌小帯切除 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ