« 舌癒着症と舌小帯短縮症は別物 | トップページ | 構音障害予防に赤ちゃんの時に舌小帯切除 »

舌小帯短縮症の症状は授乳障害だけではありません

舌小帯短縮症の症状は一番最初は授乳障害です。

しかし、母乳の出がいいお母さんでは授乳障害は見過ごしがちですが、形態に異常があるため安心できません。

次は口呼吸になり、アトピー、アレルギーが待っています。

そん次には反対咬合、構音障害になります。

乳歯が生えてきてからですと切除中咬まれますのでブロックを使用します。

また切除後の麻酔が1時間効いていますので、咬傷の原因にもなります。

舌小帯切除は乳歯があまり生えていない1歳前をお勧めします。

3歳で構音障害になると舌癖があるため舌小帯切除だけでは治りません。

トレーニングが必要です。

赤ちゃんの時に切るのが可愛そうと思われる親御さんも多いですが、それが3歳で色んな症状が出る方が可愛そうです。

« 舌癒着症と舌小帯短縮症は別物 | トップページ | 構音障害予防に赤ちゃんの時に舌小帯切除 »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ