« 乳幼児突然死症候群の原因は下顎後退症で舌癒着症ではありません | トップページ | 錦織圭選手は睡眠時無呼吸症の可能性あり »

舌小帯異常と舌癒着症はまったく違うもの!

マイナーな話ですいません。

舌小帯短縮症は保険診療ができ、舌小帯異常が正式病名です。

そして処置名は小帯切離移動術です。

そのため生命保険でお金が返ってきます。

舌癒着症という正式名称は無く、病名からすると舌が外傷や手術によって炎症を起こし癒着してしまったものです。

舌小帯は全然関係なく、舌小帯の下にあるオトガイ舌筋を切除してしまう手術のようです。

そしてレーザーで切除して縫合せず、開放創つまり切りっぱなしが原則のようです。

また同時に舌癒着症の手術はセットで上唇小帯の上の齦頬移行部を切除する手術がもれなくついてくるようです。

当然厚生労働省で認められていませんので保険診療ではできません。

また医学的にもこの手術は認められていません。

小児科医や一般の方は舌小帯短縮症(舌小帯異常)と舌癒着症を同じと勘違いされていますが、全く別物です。

よく舌小帯切除はやらない方がいいよというブログ記事は実は舌癒着症なんです。

お間違えないようにしてください。

それと海外で行われている舌小帯切除は舌小帯短縮症(舌小帯異常)です。

« 乳幼児突然死症候群の原因は下顎後退症で舌癒着症ではありません | トップページ | 錦織圭選手は睡眠時無呼吸症の可能性あり »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ