« 静岡県東部から生後2か月の赤ちゃんがいらっしゃいました。 | トップページ | 乳幼児突然死症候群の原因は下顎後退症で舌癒着症ではありません »

骨粗しょう症の薬を飲んでいると歯が割れる!

骨粗しょう症の薬、ビスフォスフォネート製剤を飲んでいる方注意してください!
この薬を飲んでいる方は抜歯すると骨が壊死を起こすと言われ、抜歯は禁忌なんです。
ビスフォスフォネート製剤は破骨細胞に作用し、過剰な骨吸収を抑え、骨密度の高い骨が出来上がります。
実際に割れている写真です。...
真ん中の赤い線が破折線。
こういう割れ方ですとレントゲンには写りません。(頬側から口蓋側にしか撮影できないため)
赤い丸は根っこの位置で、3本あるということです。
教則側に2本、口蓋側側に1本根っこがあるためこういう割れ方をします。
昨日この方は、富士市中央病院の口腔外科に紹介したんですが、今年に入って2人目なんです。
口腔外科の先生の話ですと、ビスフォスフォネート製剤によって骨がかなり緻密骨になって固くなってしまい、ショックアブソーバーが無くなって歯が破折するという仮説を説明されていました。
また、抜歯は3か月間ビスフォスフォネート製剤を飲むのを止めてからになります。
しかし、骨が固くなっているため抜歯が大変なんだそうです。
その後3か月間やはり薬は飲めません。
予防するには、普段から固い物は細かくして食べるしかありません。Img_25401


« 静岡県東部から生後2か月の赤ちゃんがいらっしゃいました。 | トップページ | 乳幼児突然死症候群の原因は下顎後退症で舌癒着症ではありません »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ