« 滑舌が悪いと舌ガンになる! | トップページ | 山梨県・愛知県・石川県・神奈川県から舌小帯切除にいらっしゃっています »

幼児雑誌に本当のむし歯予防が載らない理由

そもそも本当のむし歯予防って何かっていうことです。

それは、赤ちゃんはお母さんのお腹にの中にいる時は無菌状態です。

それが生まれてくる時に産道を通ってくるため色んな細菌、ウィルスに晒されます。

しかし、産道には歯が無いためむし歯の原因のミュータンス菌がいません。

当然、帝王切開では感染しません。

それではどこで感染するかと言いますと、哺乳瓶のミルクが熱くないか昔は手の甲でかくにんしたんですが、今のお母さんはご自身が飲んで確認するため、哺乳瓶の乳首に唾液がつき母子感染します。

母乳でも感染しません。

但し、キスは感染します。

次に感染するのは離乳食。

お母さんが赤ちゃんに食事を与える時に、ご自身が噛み砕いたものを赤ちゃんにあげるとここでも感染します。

というように、赤ちゃんの時に気を付ければむし歯は感染しません。

これを幼児雑誌で発表すると、小児歯科のフッ素塗布やブラッシング指導の広告が取れなくなるからです。

先日も幼児雑誌から「初めての歯科」という記事で広告を出しませんかと依頼が来ましたが、ウチのむし歯に関する主旨と違うためお断りしました。

本当のむし歯予防を皆さんに伝える勇気が欲しいですね。

« 滑舌が悪いと舌ガンになる! | トップページ | 山梨県・愛知県・石川県・神奈川県から舌小帯切除にいらっしゃっています »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ