« 舌小帯切除は井出歯科医院のみで行います | トップページ | 舌小帯短縮症は遺伝する »

舌癒着症という病名は存在しない!

「舌癒着症」とみなさん言われていますが、存在しない病名です。

癒着と言うのは本来は分離しているはずの臓器・組織面が、外傷や炎症のために、くっつくことです。

舌は筋肉で、その周りを粘膜が覆っています。

生まれたばかりの赤ちゃんに炎症や外傷はありませんので舌癒着症と言う病名はありません。

寧ろ、舌癒着症という病名でレーザーで切りっぱなしにされた傷口が瘡蓋をつくり、結合組織に被われて固くなっ状態が術後性舌小帯癒着症です。

医者が切除することによって作られた病名です。

歯科では「舌小帯異常」と言う病名で「舌小帯切離移動術」で保健診療できています。

舌癒着症は病名として認められていないので自費診療です。

ですから医療ではありません。

« 舌小帯切除は井出歯科医院のみで行います | トップページ | 舌小帯短縮症は遺伝する »

健康」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ