« 舌癒着症の手術なのにどうして上唇小帯と鼻中隔下制筋を切る理由が分からない | トップページ | はじめての歯科検診(ひよこクラブ広告依頼) »

舌癒着症の手術で鼻中隔下制筋を切って鼻の変形が起こるという同意書を書かせているらしい

舌癒着症と称する手術で舌小帯だけでなく上唇小帯を切除するらしい。

小帯切除と言っても小帯を切るのではなく、小帯の付着部の上、齦頬移行部をレーザーで真一文字に4cmぐらい照射するため、歯槽骨が露出します。

本来は縫合しなければならないのにそのままにされるようです。

だから癒着してコブ状になります。

普通歯肉の下は歯槽骨(歯を支える骨)と付いていますが、その齦頬移行部は粘膜が唇とくっつくためフリーになっています。

よく歯の根っこに膿が溜まるとこの齦頬移行部が腫れます。

この手術をする際に「鼻の変形」に関して文句を一切言わないという同意書を書かされるようですが、鼻の変形が初めから分かっているなら事前に何らかの処置をしなければいけません。

ですから鼻の変形が起きた場合、その医療機関で責任を持って再生手術をする必要があります。

もしできなければ損害賠償に発展していきます。

この医療機関で手術された患者さんが私のところに電話されて再生手術を希望されますが、形成外科ではないので不可能です。

ましてや、普通の医療機関ではもっと無理です。

舌癒着症に上唇小帯は全く関係ない手術なのでいい加減止めた方がいいですね。

噂では、逆に恫喝するようです。

関東の助産師さんは赤ちゃんの授乳障害で相談されても、間違ってもそこを紹介しないでください。

医科では舌小帯切除は禁止されています。

歯科は保険診療で、3千円ぐらいです。

« 舌癒着症の手術なのにどうして上唇小帯と鼻中隔下制筋を切る理由が分からない | トップページ | はじめての歯科検診(ひよこクラブ広告依頼) »

「歯科」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ